天神にリゼクリニックが来た!これで永久脱毛を決心。

前々から永久脱毛は絶対やりたい!と思っていたわけですが、
その決定打となったのが福岡市内にリゼクリニックの脱毛が出来たこと、これですね。
リゼの永久脱毛の評判の良さは前から知っていましたし、何としてもここで受けたい!と思っていました。
これが天神院としてオープンし、頃合いを見計らって申し込みをしたんです。

ぶっちゃけ、最初は福岡でも最大手の湘南美容外科がいいかなと思っていたんですが、
最近になってメディオスターネクストの取り扱いを終了したという情報を聞き、待って正解でした。

その後、おかげでいろいろと情報収集をし、永久脱毛福岡.comにてリゼクリニックがよさそうだ!と確信を得て、今回の無料カウンセリング、契約に至ったという経緯です。
メディオスターネクスト廃止に関しても上記サイトで読んで初めて知りましたし。
一応、メンズの脱毛ではまた使っているようですが。

その辺のレビューについてはまた別途まとめるとして、
まずはその前に、全くと言っていいほどみなさんわかっていない脱毛の常識、仕組みとかをザッと頭に入れてください。
で、それが以下の通りまとめたものになります・・・。

女の毛の濃さに遺伝は関係ないのか!?

私は手も足も背中もワキも、物心ついたことから全身のムダ毛が濃いことが悩みでした。
小学生のころから周りの友達にからかわれてとても辛い思いをしてきました。
体育の授業や健康診断のときは、肌を見られないように着ていた服の裾を限界まで引っ張り腕や足を隠していました。
カミソリでムダ毛処理をすることも考えましたが、小学生では逆に不自然でからかわれると思い出来ませんでした。

中学生になってからは周囲にムダ毛処理をしている子も多くなり、自分もムダ毛処理をするようになりやっと安心して学校に行けるようになりました。
私の両親共に特段ムダ毛が濃いタイプではないので、なんで自分だけが?とずっと思っていました。

2歳下の妹がいますが、妹は比較的ムダ毛が多いですが私ほどではありません。
また妹は色黒なのでパッと見ムダ毛が目立たず、色白で全身毛むくじゃらに見える私は「なぜ自分だけがこんなに悩まなくてはいけないのか」と悲観にくれました。
両親もムダ毛で悩んだ経験がないからか、気にしすぎの一言で片付けられあまり親身にはなってくれませんでした。
なので私の場合遺伝的要素はあまり当てはまらないと思っています。自分の子どもにも遺伝しないことを願っています。

あと、九州とかそういうエリアの血も関係あると思っています。
そういう意味では福岡なんて脱毛サロンやクリニックも多いし何となく合点行くのではないでしょうか。

男の内心を探れば永久脱毛への気合いもアップ!?

やっぱり毛のことで気になる異性の目、だと思いますが、
男性の場合、口に出していわないだけで確実に女性の毛の濃さは見ています。

それにいくら好きだとは言ってもそれによって一気に覚めてしまう・・・
これがリアルなんですよね。

なのでもし永久脱毛への踏ん切りがついていない方がいるようであれば、
そういう男心をちょっと知ってみると良いでしょう。

今回、実際に何人かの男性に、
過去女性との付き合いの中であったリアルな毛の事件簿を思い出してまとめてもらいました。
特にデートの時なんかに毛深さが露呈して一気に終了!というパターンが多いので、
今意中の男性がいるような方は特に気を付けたほうが良いと思います!!

そもそも永久脱毛の定義は?

永久脱毛に関しては最近はクリニック側でも積極に解説をしています。
というのも、サロンからお客さんを引っ張ってきたいから、というのが一番の理由ですよね。
なので、クリニックのサイトを見れば一番わかりやすいと思います。

例えば私が最近見つけたところで言うと、
シブクリさんのこの記載なんて永久脱毛を理解する上で良いと思いましたね!
※参照:永久脱毛ができるのは専門の医療機関だけ

“”「永久脱毛」とされる確実な脱毛は医療機関でのみ行うことができることを ご存じですか?
厚生労働省は「脱毛は医療行為」と認める公式文書を発表しています。

・・・この一文が全てを物語っていますよね!!
つまり、永久脱毛はサロンでは一切できないし、
脱毛の二文字も医学的に言えば言ってはダメなんです。

そんで持って、永久と言っても効果は永久であることを保証はしていません。
というか、施術をした方の経緯を何十年も追ったことがないからだと思います。

あくまで、これから将来、ムダ毛が生えない可能性がそれなりに高いよ~
くらいの捉え方をするのがちょうどいいわけで、
今後一切の処理から解放されるなんて幻想は見ないことですね!

姫路時代は脱毛サロンがせいいっぱい!!

今でこそ福岡での医療クリニック選びが楽になっていますが、
そもそも兵庫の姫路にいたのでクリニック系はほぼありませんでした。
せいぜい、脱毛サロン止まりでしたね。
ではミュゼなので有名サロンはありましたが。

やっぱり福岡の中心部にきてわかったのが、脱毛、特に医療脱毛までやるなら
絶対的に地方は振りであるってこと。
もうね、これはどうしようもない事実です。
だから地方にいる毛深い女性はものすごく苦労すると思いますよ・・・。

姫路ではあればもう神戸市内まで出るのが一番効率よかったと思いますし、
それは今でも変わらないと思います。

たまに地元の脱毛情報とか見ているですが、やっぱり美容皮膚科は大してなく、
相変わらずサロンばっか、ですよね(^_^;)
参照:脱毛@姫路!お得に脱毛できる姫路市内のサロンはここっ!

クリニックでもあるのは城本くらいでしょうか。
他はあっても名前すら知りませんでした。
きっと、地元密着系のアットホーム系クリニックでしょうね。

ま、城本さんは有名ですが、施術も高いことで有名ですし行くになれません。
個人的には湘南美容外科が姫路で出来てもおかくないのでは?っておもっているんですが。

私の毛深いコンプレックスはけっこう根深い!

中学生の頃、男性から毛深いことをからかわれました。
当時は今のようにムダ毛に関してまだあまり関心がない頃でしたが、
思春期となると事情は違い、他の人はつるつるなのに私だけ毛深いということが少し気になっていた程度でした。

私自身、毛深いと思いつつ、処理をするというところまでは考えていませんでした。
夏の制服や部活動で毛深い部分である腕や足を出すことが多かったですが、
周囲の女子でそれをからかったり、指摘するということもなかったので
特に気にしていなかったということもありました。

初めて毛深いことに関してからかわれたのは中学生の頃でした。

その頃、私の悪口を言ってくる男子がいましたが、
しょうもないことや事実無根のことを言う男子だったので誰も相手にしないし、
私も完全に無視をしていました。

しかし、悪口の内容がだんだんエスカレートしていき、
変な揚げ足をとるようなことまで悪口のネタにするようになっていきました。

ある日、私の足を指差して
「あいつ毛深い。女子なのにボーボーだ。本当は女子じゃなくて男子でしょう。女装している。」
と言われました。

他にも同じように毛深い女子はいましたが、私を名指しして大声で言われたため、
さすがの私もその言葉にショックを隠しきれませんでした。

他の人はその悪口に反応はしませんでしたが、
本音はそのように思われていたのかもしれないと不安になり、
その出来事以来、ムダ毛処理をするようになりました。