男性視点」カテゴリーアーカイブ

男的には見つけてしまったらもう気になってしょうがない女性のムダ毛

ルックス良し、スタイル良しの彼女と付き合って初めて海水浴のデートに行ったときの出来事です。
自慢のナイスバディを見せつけるかのように、ビキニを身につけてやってきてくれました。

自慢の彼女なので、自慢げにビーチを歩いて、
波打ち際で歩いたり、まさに絵に書いたような幸せ者でした。

海に入って、僕が潜っていきなり彼女の脚を引っ張って驚かして遊んでいました。

水中メガネをつけて潜り、彼女の脚を探して一度水中で確認した時に、
「チョロチョロ」っと一本だけはみ出ているのを見つけてしまいました。

それから本人に言ってもいいものか考えましたが、もし傷付いたらいけないと思い言えませんでした。

さっきまでは自慢の彼女を連れて、胸をはってビーチを歩いていましたが、
それからは、気になってしかたありません。

かき氷を食べるときでも「チョロチョロ」が見えます。
本当に目のやり場に困ります。

その「チョロチョロ」さえなければ、最高の彼女なのにと思いつつ、何とか気づいて欲しい一心でした。

そんな時に、彼女がトイレに行ってくれました。
チャンス到来です。
トイレから戻ってきたときには、しっかりとINされており、
また堂々と自慢の彼女と一緒にビーチで遊びました。

首から背中にかけての毛量でわかる女性の全体的な毛深さ

その女性が毛深い人なのか、毛が薄い人なのか、普段話してる限りはあんまりわかんないわけです。
腕や足は、剃ってたり、脱毛してたりするから。
だから毛深さに驚くのはやっぱり、服を脱がせたあとになります。

ひどいときは、下着から毛がはみ出すほどの剛毛に出会うこともあります。
正直、萎えます。マジで萎えます。

私が一度デートしたある女性は、手足や指もキレイで、細いし、
髪も茶色でサラサラで、要は「見た目が完成されている」方でした。
だからこそ、まさか毛深いだなんて考えもしませんでした。

ところが、いざベッドインしてみたら、ですよ。
下着から下の毛がはみ出しているではありませんか。しかも漆黒。マットな黒。
そしてウニのようなボリューム感。
うわああああ。

とりあえず上半身に目を向けて、
強引に気分を取り戻したのでした。

男性に、こんな思いをさせたくないあなたには、しっかりと下の毛の処理をお願いしたいと思います。

ところで。

この経験からすると、
「女性の見た目だけで、その人の毛深さにはわからないのね!安心!」

と思われるかもしれません。

しかし、一部の男性は知っています。
女性に気付かれずに、その人の毛深さを見分ける方法を。

それは、「首からのぞく背中の毛」です。

あーー!と思った方も多いでしょう。

そうです、あの首筋に走るオケケを見れば、
服を脱がすまでわからないはずだった
下の毛の濃さも、一発でわかってしまうのです。

女性のみなさん。
男性陣は、首の後ろ、意外と見ていますよ。
そこまでケアできると、おそらく男性には、毛深さはバレないはずです。

温泉旅行で幻滅!彼女のヘソ周りやヒゲの毛で完全ノックアウト

今から約3年前の話になるのですが
当時私は大学生で、同じ大学の1つ下の子と付き合っておりました。

その子とはアルバイト先で知り合い、私の一目惚れで付き合うようになったのですが、
彼女は容姿端麗で付け入る隙がないほどでした。

そんな彼女と夏休みの思い出作りに温泉旅行へ行くことにしました。
旅館へ着くと早速お互い着物に着替えることになり、彼女の下着姿を初めて見ることになりました。

彼女が服を脱いだその時衝撃が走りました。
へそ回りから腰にかけて立派な濃い毛が見事に生えていたのです。

容姿端麗で付け入る隙がなかった彼女だっただけに、その姿を見た瞬間私はがっかりしてしまいました。

けれど、それくらいじゃ私の彼女に対する愛は冷めることない。
そう思ってお互いお風呂に入りに行くことにしました。
しばらくしてお互いお風呂から上がり、喉が渇いたので2人で牛乳を飲むことにしました。

しかし、その時にまたまた衝撃が走りました。
彼女が美味しそうに牛乳を飲み干すと、なんと口回りに牛乳の跡が...
そう、濃い産毛らしきものが口回りに生えていたのです。

下半身のムダ毛ならまだしも、女性の髭がはっきり見えてしまったことに、私は幻滅してしまいました。